「神奈川県立 相模原公園」では、メタセコイヤの壮大な並木や噴水を中心としたシンメトリックな景色が広がります。 

指定管理者施設の紹介

指定管理者制度とは(管理運営施設)

 指定管理者制度とは、平成15年に地方自治法が改正され、創設された制度です。

 これまで公の施設(公園、スポーツ施設など)は、地方公共団体の出資法人、公共団体、公共的団体に限って地方公共団体より管理を委託されていました(管理委託制度) 。

 この法改正により、管理委託制度は廃止され、これらの団体に加えて幅広く民間事業者を含んだ地方公共団体が指定する「指定管理者」が管理を代行することができるようになりました(指定管理者制度)。

指定管理者イメージ2
指定管理者イメージ

企業市民としての地域貢献を花と緑を通じて実現いたします

 サカタのタネ グリーンサービスは、指定管理者制度を活用し『企業市民としての地域貢献』の実現を目指し、個々の施設・地域に合った管理・運営を提案・実践いたします。

 管理・運営においてはハード・ソフト両面の利用者サービス向上が前提であることはもちろんのこと、施設における賑わいづくりや、施設を含む地域の魅力向上を実現いたします。

 また、「花は心の栄養、野菜は体の栄養」という考えのもと、特に公園においては花と緑を通じた空間創造を実践し、市民生活に安らぎや憩い、レクリエーションの場を提供いたします。

サカタのタネ グリーンサービスが管理運営を行う公園施設一覧

指定管理者からのお知らせ